POWERNETレンタルサーバー
一般設定 Setting

データベース「PostgreSQL」の使用法

下記を例として設定します。

ドメイン名 sample.com
データベースユーザー名 user1234
データベースパスワード aj8Dmv3kLsK


基本的にはPostgreSQLを利用するWebアプリ(CGI)をサーバーに転送して、そこでデータベースを作成したり編集したりします。
しかし、 テーブルの操作や管理などはphpPgAdminというソフトを使って簡単に利用することができます。
ここではphpPgAdminの利用法について簡単に説明いたします。

(1)phpPgAdminをダウンロードします。ダウンロードはこちらです。 一見英語版のソフトのようですが、ダウンロードした後に日本語で使用することができるのでご安心下さい。

(2)ダウンロードしたファイルを解凍し、confフォルダのconfig.inc.phpを編集します。その中に
$conf['default_lang'] = 'auto';
という行がありますので、次のように変更します。
$conf['default_lang'] = 'japanese';

(3)解凍したファイル群をサーバーに転送します。仮にここではphpPgAdminというディレクトリに転送したとします。

(4)http://www.
sample.com/phpPgAdmin/にアクセスします。(sample.comの部分は貴ドメインに置き換えて下さい)

(5)左側に「PostgreSQL」というメニューがありますので、それをクリックします。するとユーザ名とパスワードを入力する画面が左に表示されますので、 ユーザ名にデータベースユーザー名(例:
user1234)、パスワードにデータベースパスワード(例:aj8Dmv3kLsK) を入れ、OKボタンを押します。

(6)左側にデータベース一覧が表示されますので、貴データベースをクリックして下さい。するとさらに展開され、テーブルの操作などが行えるようになります。


詳しい操作方法については各種文献をご覧下さい。
→レンタルサーバー
概要
パワーネットの特徴
コース・仕様・料金
導入事例
よくあるご質問
お申し込み
→ドメイン取得
概要
パワーネットの特徴
導入事例
よくあるご質問
→ハウジング
概要
お問い合わせ
→サポート
よくあるご質問と答え

→お問い合わせ
会社概要
お問い合わせ
取次店募集
Copyright (c) 2000-2016 POWERNET Inc. Allrights reserved